頭皮 乾燥 保湿

乾性フケは頭皮ダメージ・抜け毛に!?

頭皮 乾燥 保湿,頭皮 乾燥,頭皮 保湿

乾性フケの症状は、フケが出るという意味では脂性フケと同じですが、フケの性質は全く反対です。

 

乾性フケの場合、皮脂の分泌が少なく、頭皮が乾燥することで、頭皮がダメージを受けてフケが発生します。
そのため、乾性フケの症状としては、頭皮がカサカサと乾燥し、それがフケで落ちてくるようなイメージに近いです。

 

また、必要な抗菌に必要最低限の皮脂が分泌されていないため、細菌に弱く皮膚が荒れやすい状態になります。
頭皮の乾燥が悪化してくると、頭皮が傷み血行悪化し栄養分が行き渡らなくなるため、抜け毛・脱毛発症の恐れもあります。


粃糠性脱毛症

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)は、乾燥したフケが毛穴を塞ぎ、雑菌が繁殖することによって抜け毛が増えていきます。
頭皮に細かい灰白色のふけが溜まって固まってしまいます。
頭皮に赤み・かゆみやかさぶたができ、髪の毛が細くなったり抜けてしまいます。

 

脱毛の状態と頭皮の状態から診断ができるようなので、まず皮膚科で診断をお薦めします。

アトピー性皮膚炎のケースも・・・

アトピー性皮膚炎の方は、乾燥肌で体質的にいろいろな刺激に弱い傾向があります。
乾燥肌に様々なアレルギーが加わり、かゆみと皮膚炎が生じてきます。かゆみで引っ掻いてしまうと、他の部位に二次感染し、出血やかさぶたなどの症状、それに伴うフケが多く発生します。
さらに、頭皮は外部からの化学物質を吸収しやすいので、より症状がひどくなるようです。

 

頭皮 乾燥 保湿,頭皮 乾燥,頭皮 保湿NEXT:乾性フケの発生する原因