フケ対策 乾燥

乾性フケはデリケートな問題に・・・

フケ症状への対策は頭皮を清潔に保つことなのですが、乾性フケ対策はとてもデリケートです。
頭皮の乾燥と皮脂の分泌不足が原因なので、シャンプーをすればするほど頭皮がますます乾燥し、状態が悪化する可能性があります。
シャンプーなど洗髪をやさしく丁寧に行うことと、それ以上に乾燥頭皮には保湿がポイントになります。乾燥した頭皮になじみやすいシャンプーやヘアケアグッズで保湿し、潤いをあたえることで、乾性フケが悪化し、抜け毛や頭皮の荒れるのを抑制することが期待できます。

乾燥フケ対策のシャンプー選びはとにかく保湿と低刺激!

とにかく低刺激・保湿効果で頭皮・毛髪の潤いを保つシャンプーを選びます。
低刺激のシャンプーとは、フケ発生の原因となる塩基性界面活性剤のシャンプーではなく、頭皮と同じ弱酸性のシャンプーです。アミノ酸系界面活性剤を使っているシャンプーが弱酸性です。
低刺激のシャンプーを使うことで、シャンプー剤が頭皮に残ってもかぶれにくくなります。
洗浄力がマイルドであれば洗剤の強さを気にせず、しっかりと頭皮を洗うことができます。
また、乾燥頭皮の場合には、脂性頭皮よりもダメージを受けやすいので、人工着色料や人工香料を使っていない、無香料・無着色の無添加シャンプーをなるべく使いましょう。

 

フケ対策 乾燥,頭皮 乾燥 フケ乾燥対策シャンプー

シャンプーの種類

シャンプーは洗浄成分の性質によって、大きく3種類に分類できます。
市販のシャンプーのほとんどは石油系シャンプーで、アミノ酸系シャンプーは通販やWEB限定販売などが多い傾向があります。
ここでは、各シャンプーのメリット・デメリットを簡単に一覧表にしています。

 

シャンプー種類 説明・メリット/デメリット
アミノ酸系シャンプー 植物由来のアミノ酸系界面活性剤を使う。
【メリット】
  ・弱酸性で肌に優しい・低刺激
  ・洗い上がりが良い
【デメリット】
  ・高価
石鹸シャンプー 原料が石鹸。合成界面活性剤は使用していない。
【メリット】
  ・肌に優しい・低刺激
  ・安い
【デメリット】
  ・洗い上がりが悪い
  ・アルカリ性なのでリンス必要
石油系シャンプー 合成界面活性剤など石油由来の配合原料で構成されている。
【メリット】
  ・安い
  ・腐敗しにくい
【デメリット】
  ・アルコール系合成洗剤で脱脂力が強い
  ・刺激が強く、頭皮が傷みやすい