脂 フケ シャンプー

脂っぽくても強いシャンプーは×

脂性フケの原因は、皮脂の分泌が多すぎるためなので、なるべく毎日シャンプーをして頭皮を清潔に保つことが大切です。
毎日シャンプーをしても頭皮を傷めないように、低刺激のシャンプーでしっかりと洗髪しましょう。

 

低刺激のシャンプーとは、フケ発生の原因となる塩基性界面活性剤のシャンプーではなく、頭皮と同じ弱酸性のシャンプーです。
アミノ酸系界面活性剤を使っているシャンプーが弱酸性です。
低刺激のシャンプーを使うことで、シャンプー剤が頭皮に残ってもかぶれにくくなりますし、皮脂の汚れがひどい場合でも、洗剤の強さを気にせず、しっかりと頭皮を洗うことができます。

 

シャンプーの種類

シャンプーは洗浄成分の性質によって、大きく3種類に分類できます。
市販のシャンプーのほとんどは石油系シャンプーで、アミノ酸系シャンプーは通販やWEB限定販売などが多い傾向があります。
ここでは、各シャンプーのメリット・デメリットを簡単に一覧表にしています。

 

脂 フケ シャンプー,油 フケ シャンプー脂性対策シャンプー

 

シャンプー種類 説明・メリット/デメリット
アミノ酸系シャンプー 植物由来のアミノ酸系界面活性剤を使う。
【メリット】
  ・弱酸性で肌に優しい・低刺激
  ・洗い上がりが良い
【デメリット】
  ・高価
石鹸シャンプー 原料が石鹸。合成界面活性剤は使用していない。
【メリット】
  ・肌に優しい・低刺激
  ・安い
【デメリット】
  ・洗い上がりが悪い
  ・アルカリ性なのでリンス必要
石油系シャンプー 合成界面活性剤など石油由来の配合原料で構成されている。
【メリット】
  ・安い
  ・腐敗しにくい
【デメリット】
  ・アルコール系合成洗剤で脱脂力が強い
  ・刺激が強く、頭皮が傷みやすい

シャンプーの頻度は?

脂性フケの場合、皮脂がどんどん溜まり、そこに細菌が繁殖するので、なるべく毎日髪を洗いましょう。
また、シャンプー選びに関係しますが、毎日洗うからこそ頭皮が傷むことの無いように、低刺激のシャンプーを使います。

 

※ただし、1日に何度も洗ったり、洗髪する際に爪を立てたり、強いこすり洗いを行う等の過度の洗髪は、頭脂を必要以上に奪うことにより、異常な分泌を促し、フケ症を悪化させることもあるので注意が必要です。

 

脂 フケ シャンプー,油 フケ シャンプーおすすめシャンプー方法

 

食事で取るべき栄養分は?

ビタミンB群を含む食事を心がけましょう。ビタミンB群は皮膚の再生や新陳代謝に効果を発揮します。さらにビタミンB1やB2は皮脂の過剰分泌を抑制するといわれています。
ビタミンBは以上の理由から、にきび予防や基礎化化粧品にも利用されています。

 

※ビタミンB群・・・豚肉・レバー・魚介・牛乳・大豆・玄米・ゴマ等